タトゥーと刺青

皮膚に直接針を刺し、染料を用いて独特の絵柄を描くことをタトゥーや刺青と言います。この方法を用いて行う描画は皮下へと染料が入ることから身体を洗うなどしても消えることなく、長期的に身体に残るものですから何かの誓いを行う時や美容的な意味、もしくはファッション的な意味で長期的に描画をした状態にしたい場合などに用いられます。

刺青除去 仙台

さて、このタトゥーと刺青は同じような手法を用いるものですが、この二者の呼称による意味の違いが分からない方も多いのではないかと思います。大まかな意味においては、刺青は日本語でありタトゥーは外来語というだけでその二者の間には大きな違いはありません。しかし、こと日本においては少し違った意味になってきます。まずイメージとして刺青となれば任侠の人達が背中に大きく観音様を描いているような大掛かりでなかなか消すことができないもの、タトゥーは手軽にワンポイントの描画を行ったり時間の経過とともに薄くなっていくものでファッション的な意味合いが強いものとなるでしょう。

刺青施術方法|美容外科、形成外科 横浜中央クリニック

この意味合いであれば、タトゥーは手軽なものでありますから、たとえ任侠のような人では無い一般人の人であってもオシャレの一環として取り入れることができますし、実際に芸能人などでも多くタトゥーをしている人が多いのも事実です。しかし、銭湯やプールなど一部の公共施設においてはタトゥーも刺青の一つとして扱われ、入場禁止や隠さなければ入場できないケースもありますので注意が必要です。

タトゥー・刺青除去の治療 | プラザ形成外科(東京・広尾・恵比寿)

ただ、刺青もタトゥーもその芸術性は優れたものでありますので、多くの人が刺青やタトゥーを入れてみたいと思っているのが実情であると言えるでしょう。