太陽光発電の向き不向きって?

近年注目されている太陽光発電、その設置には多くのメリットがあると同時にデメリットも存在します。また、太陽光発電システムを設置するにあたって、住んでいる家がシステムに向いてるか向いていないかによって、メリットが更に大きくなったり、デメリットが目立ってしまったり、メリットが消えてしまったりということがあります。

太陽光発電の普及で日照権を巡るトラブルが増えてくるってホント? | スーモジャーナル - 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト

この向き不向きについてですが、まず屋根の種類が大きく関わってきます。屋根には「切妻屋根」「寄棟屋根」「陸屋根」「片流れ屋根」といった種類があります。屋根自体が複雑なものであったり、片流れ屋根の方角によっては設置には非常に不向きとなる場合があるのです。太陽は南側が最も当たるとされていますので、北向きだったりすると必然的に不利になりますね。

日照権 | 学習百科事典 | 学研キッズネット

他にも地域の気候であったり、純粋に屋根そのものの広さなどが要因し、誰でも気軽に設置できて利益を得られるものではないということです。太陽光発電は完全に自然の力を利用したものになるので、最大限に活用したければそれ相応の環境、設備が必要になります。せっかく大金をかけて設置したのに、意味がないようでは元も子もありません。



太陽光発電を設置すること前提で建てた家であれば、その辺りも十分に考慮されているでしょう。しかし、後付けで設置を行う場合は、事前にしっかり検討する必要がありそうですね。