太陽光発電は投資か、電気代の節約か

太陽光発電に必要なソーラーパネルやシステムは、普及し始めてきたとはいえやはり高価なものです。得られる恩恵は確かに大きいですが、まず導入しなければ始まりません。導入にかかる費用対効果を考えると、誰でも気軽に導入するとは言えないのが現状です。

6月27日 日照権の日 <366日への旅 記念日編 今日は何の日>

その太陽光発電システム、今このタイミングで導入するとして、どのような目的、捉え方で導入すればよいのでしょうか。単純に毎月の電気代節約を目的とするのか、あまった電力を販売することを目的とするのか。それとも、将来的にはもっと各家庭に普及しそれに付随したサービス、システムが開発されるであろうことを考え、未来への投資とするのか。人によって考え方は様々でしょう。

ですが、私個人としては「上記に挙げた全て」ではないかと考えます。単純に、太陽光発電システムを導入することは上記全ての恩恵や意味を得ることになるからです。

ななしのぼやきブログ 大末建設 形骸化させる日照権

今現在、太陽光による発電は立地や住宅環境の関係で難しいという場合を除き、クリーンエネルギーの次なる一歩として、導入する意味は十分にあるのです。設置にかかる費用と、設置後に得られる利益、設置後の整備や保安など、必ずしもプラスになるとは言い切れません。しかし前述のとおり、この先太陽光発電を絡めた新しいサービスなどが始まるかもしれません。導入によって月々の電気代節約に繋がるのは事実ですし、それに加えて売電による収入。そして、将来的にはもっと大きな可能性が秘められているのです。

太陽光発電 宮城はココ

太陽光発電システムの導入は、日々の節約だけでなく、将来への投資。このどちらかだけでなく、どちらの意味も持っていると、私は考えます。