親に車を買ってもらえる人が羨ましいです

親が子供に車を買って与える動機には、いろいろあると思いますが、一つにはお祝いという場面のものがあります。卒業祝い、入学・進学祝い、就職祝いなどがその代表と言えます。また、結婚などの新生活のスタートにあたり、生活手段・応援として親が車を購入することも多いそうです。また地域によっては、子供が成人する時に男性なら車を買って与えたり、女性なら振り袖を買って着せるというのが慣習になっているところもあるようです。こうした一方で、子供可愛さあまりから、なんでも買って与える延長として車を買って与えることが常識的になっていることもよくあることです。

廃車

親が車を買って与えることについて、それぞれの家族の環境や価値観にもよりますので、それ自体がいいこととか、良くないことか、当たり前かどうかはいえないかも知れません。

道路通行車両の制限

しかし、親からの申し出によるものか、子供からの申し出によるものかは問いませんが、客観的にみても親が車を購入して与えてくれること自体を「恵まれている」という風に感じるべきだと思います。そこから親に対して感謝の気持ちが生まれ、モノ(車)自体も大事に使うことになると思います。

学科23

結局は車を買い与えることはある意味、「親心」と言いうことになるかもしれません。こうした「親心」に甘え放しの人を「羨ましく」思うかどうかは、見る側の人の考え方次第だと思います。いずれにしても「親心」に頼るだけでなく、「自立意識」を持って「親心」を受けることも必要だと思います。例えば車は買ってもらっても毎月いくらかは返済していくとか、ガソリン代、車検代、保険代等の維持費は最低、負担するなどが必要かもしれません。